サッカーの練習・試合時の水分補給は水orスポーツドリンク?正解は○○&オススメドリンク徹底解説!【2022年最新版】

スポンサーリンク
TOOL

いつ、何をどれくらい飲むのか。

 

未来のプロサッカー選手の方、その他全てのプロを目指すアスリートの方、そしてそのご家族の方、こんにちは。モアフトの人です。

皆さん、既にご存知の通りサッカーの練習や試合において水分補給は欠かせないですよね。

適切な水分補給はパフォーマンスの良し悪しに密接につながっています。

まだ水分補給の重要性をいまいち理解していないという方は次の記事を早急に読んでいただきたいと思います。

【2022年最新版】適切な水分補給が試合を決める!サッカー選手が知らなければならない水分補給方法を紹介!
未来のサッカー選手の皆さん、そしてプロを目指すすべてのアスリートの皆さん、水分補給正しくできていますか?そして、日常からこまめに水分補給されていますか?実は適切な水分補給はパフォーマンス維持、さらにアップさせ試合終盤になっても走り続けることができるんです。たかが水分補給、されど水分補給。パフォーママンスをあげ試合で活躍するために今一度水分補給を見直してみましょう。この記事では正しい水分補給方法を解説しています。

水分補給といっても現代では水だけでなく経口補水液やアスリートのためのドリンク、プロテインドリンクなど数多くの商品が販売されています。

サッカーやその他のスポーツをしている選手の中にはこんな悩みを持つ選手や保護者の方もいるかと思います。

試合中は水よりスポーツドリンクのほうがいいのかな?

スポーツドリンクの種類が多すぎて迷うなー。

そもそもスポーツドリンクって何が入っているの?

今回はこういった悩みを解決しつつ、いつ、どのタイミングで何を飲めば適切な水分補給となるのかお伝えします。




水、スポーツドリンク、経口補水液の違い、理解してますか?

題名の通り、皆さんは水とスポーツドリンク、経口補水液の違いについてしっかりと理解してますか?

なんとなくわかっているとは思いますが、詳しく知っておかないとパフォーマンスを上げる、試合終盤まで維持するどころか逆に下がってしまう可能性もあります。

自分の身体に入れる物なのでここでしっかりと理解しておいてくださいね。

練習や試合中における水分補給のベースとなるのはやはり水!

Photo by Jana Sabeth on Unsplash

水分補給となると基本的には水を飲むことと考える人も多いと思います。

だいたい正解です。

ただし水だけではプロサッカー選手やプロアスリートを目指す人、パフォーマンスを上げたいと考えている方には適切な水分補給とは言い切れません。

というのも水だけを飲みすぎると体内の電解質バランスが崩れてしまうんですよね。

そうなると倦怠感、頭痛、吐き気、めまい、血圧や臓器血流低下といった症状が出てきます。

さらに水を一気に大量に飲みすぎると「水中毒」と呼ばれる中毒症状が現れる場合も。

そもそも電解質とは、

電解質(イオン)とは、水に溶けると電気を通す物質のことです。電解質は水中では電気を帯びたイオンになり、電気を通すようになります。この電解質(イオン)は、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わるなど、身体にとって重要な役割を果たしています。電解質(イオン)は少なすぎても多すぎても細胞や臓器の機能が低下し、命にかかわることがあります。
引用元:電解質(イオン)とは|大塚製薬 (otsuka.co.jp)

この電解質のバランスが血管や筋肉、神経、細胞の動きを常に調節しているんですね。

練習中や試合中はもちろん筋肉を使うので電解質のバランスというのは大事になってきます。

身体になくてはならない電解質ですが、残念ながら汗をかくと水分と一緒に体外に排出されてしまいます。

激しい運動を繰り返すサッカーにおいて電解質のバランスを崩さないためにも水だけではなく次に紹介するスポーツドリンクや経口補水液を補給しなければなりません。

ここからは余談になります。興味がない場合は飛ばしてもらって結構です。(笑)

日本の水道水は世界的に清潔で安全な水質であると高評価です。

まー水道から出てくる水をそのままごくごく飲める国なんて中々ありませんからね。

厚生労働省は、日本の水について次のように唱えています。

水道水質基準について、水道法第4条に基づく水質基準は、水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令第101号)により、定められています。水道水は、水質基準に適合するものでなければならず、水道法により、水道事業体等に検査の義務が課されています。水質基準以外にも、水質管理上留意すべき項目を水質管理目標設定項目、毒性評価が定まらない物質や、水道水中での検出実態が明らかでない項目を要検討項目と位置づけ、必要な情報・知見の収集に努めています。水道事業者は、水質基準項目等の検査について、水質検査計画 を策定し、需要者に情報提供することとなっています。                       引用元:水道水質基準について (mhlw.go.jp)

んー難しいですね。(笑)

要するに国民に清潔な水を提供するため、かなり多くの項目をクリアした水しか提供できないとされています。

水質基準(51項目)、水質管理項目(26項目)さらには要検討項目(47項目)をクリアした水のみが水道水として流れてくるわけです。

100項目以上なんてさすが規律の厳しい我が国。(笑)

これは世界的に見てもかなり優れているそうですよ。

実際、私が現在住んでいる国でも水道水を飲む人はかなり稀です。

皆、スーパーで大量の水を買うか浄水器に入れてから飲んでいます。

ちなみにBRITAの浄水器は海外でもかなり人気があり私も使っていますが、水を上から入れるだけですぐに清潔な水が飲めるので安心ですよ。

海外ではかなり重宝する浄水器です。ボトルタイプもあるので持ち運びたいという方にはこちらがオススメです。

 

私も持っていますが、水を入れるだけで飲むときに勝手に浄水してくれるので簡単でかなり便利です。

少し話がそれましたが、日本に住んでいる人の中には水道水は消毒する際に塩素を使っているため、臭いが気になったり、身体に悪いと考える人もいるようです。

そんな不安がある方にはミネラルウォーターをオススメします。

詳しくは下の記事を見ていただければミネラルウォーターについて知ることができますよ。

【2022年最新版】適切な水分補給が試合を決める!サッカー選手が知らなければならない水分補給方法を紹介!
未来のサッカー選手の皆さん、そしてプロを目指すすべてのアスリートの皆さん、水分補給正しくできていますか?そして、日常からこまめに水分補給されていますか?実は適切な水分補給はパフォーマンス維持、さらにアップさせ試合終盤になっても走り続けることができるんです。たかが水分補給、されど水分補給。パフォーママンスをあげ試合で活躍するために今一度水分補給を見直してみましょう。この記事では正しい水分補給方法を解説しています。

ちなみに上記の記事ではウォーターサーバーに関しても紹介しています。

ウォーターサーバーを使うとより安全で清潔な水を飲むことができので水道水の水質が気になる方にはオススメです。

しかもアスリートにとっても嬉しいメリットもあるんですよね~。

気になった方は上の記事を読んでみてください。



スポーツドリンクは練習、試合中の選手の身体を支えてくれる。

Photo by John McArthur on Unsplash

さて現在では多くのスポーツドリンクが開発され、商品化されていますよね。

しかし、どのスポーツドリンクも基本的にはどれも塩分と糖分をベースにしています。

なぜなら塩分と糖分はサッカーなどのスポーツ時に欠かせない成分であり、パフォーマンスの良し悪しと関係が深いからです。

塩分は先ほども述べたように体内の電解質のバランスを保つために必要な成分です。

しかし、塩分ばかり摂取すると、高血圧など逆効果になります。

そこで糖分の登場です。

糖分は塩分と一緒に摂ることで水分の吸収を速め、エネルギーも補うことができます。

しかし、糖分の取りすぎもこれまた肥満などの原因になります。

モアフトの人
モアフトの人

ですので日常生活での水分補給は水で問題ありません。

※暑い夏などは熱中症対策に日中でもスポーツドリンクを活用することは推奨されています

スポーツドリンクのアイソトニックとハイポトニックの違いって何?

スポーツドリンクをさらに細かく分解すると、アイソトニック飲料】【ハイポトニック飲料】に分けられます。

アイソトニック飲料とは、人間の身体の中の体液とほぼ同じ浸透圧で作られています。

体液に近い浸透圧を実現するため、糖分を4〜6%に設定しています。

そうすることで水分や塩分、糖分をバランスよく吸収できます。

汗をかいて体液が失われると身体の吸収速度が落ちるので、アイソトニック飲料は試合前や試合後に飲むと効果的に作用すると言われています。

一方でハイポトニック飲料は、人間の身体の中の体液より低い浸透圧で作られています。

糖質はおよそ2%ほど含まれており、後から紹介する経口補水液に近い飲料水のことを指しています。

一般的に浸透圧が体液よりも低ければ水分が身体に速く吸収されるとされています。

そのため、運動中の水分補給にはハイポトニック飲料が推奨されています。

要するに試合前後はアイソトニック飲料で水分、糖分、電解質等の補給をし、試合中はハイポトニック飲料で素早く水分を補給すること。

これがパフォーマンスを落とさない理想的なスポーツドリンクの補給方法となります。

ちなみに浸透圧という言葉はなかなか難しいですが、わからない方はこちらの記事がわかりやすいので読めば理解が深まると思います。

https://aji3.com/about-osmotic-pressure/

モアフトの人
モアフトの人

試合前後はアイソトニック飲料、試合中はハイポトニック飲料と覚えておきましょう。



熱や脱水症状から身体を守る万能飲料水!!経口補水液のススメ

皆さん「経口補水液」という言葉を聞いたことはありますか?

CMなんかでも聞いたことあるって人もいるかもしれませんね。

所ジョージさんが出演してるやつです。笑

経口補水液とは、基本的にはスポーツドリンクと同じ、水に塩分と糖分を一定の割合で配合した飲料水です。

吸収率が高く、吸収速度も速いため熱や脱水症状になってしまった時に経口補水液を飲むことで症状を緩和し、身体を健康な状態に素早く回復させることができます。

経口補水液は本来は脱水症状など現れた際の食事療法として用いられる飲料水です。

ですので、日中での水分補給としては適切ではありません。

日中での電解質補給はスポーツドリンクで十分補給できます。

水分補給時のスポーツドリンクは薄めて飲むべきなのか?

皆さん、スポーツドリンクを飲むときそのまま飲んでいますか、それとも薄めて飲んでいますか?

スポーツドリンクは甘すぎるから薄めたほうがいいんじゃない?

私が少年時代の頃は母親からスポーツドリンクは甘すぎるからと言って水で薄められたものを渡されていました。

他のチームメートも薄めたスポーツドリンクを持ってきていたんですよ。

これって正解なのでしょうか?

その答えとしてポカリスエットを開発した大塚製薬は、とにかく薄めずに飲んでください。」と説明しています。

その理由は、ポカリスエットを始めとしたスポーツ飲料を薄めると身体のスムーズな水分補給を邪魔してしまうからなんです。

ポカリスエットなどのスポーツ飲料は日本スポーツ協会が定めたスポーツ時に摂取したい糖分の量の基準を満たしています。

ですので、水で薄めてしまうとその基準を下回り効果的に糖分や電解質を吸収できなくなってしまうのです。

スポーツドリンクの甘さにはしっかりとした理由があります。

もし甘さがどうしても気になるという方、甘すぎて飲みにくいという方は、スポーツドリンクを飲んだ後、水を飲むという手もあります。

スポーツドリンクは確かにかなり甘いので歯に悪いと考える方もいますよね。

そう言う考えがある人はスポーツ飲料で水分補給した後は水でうがいやブクブクをすると良いでしょう。


経口補水液とスポーツドリンクとの違い

似てるようで似ていない経口補水液とスポーツドリンク。

ここではその違いについて簡単に説明します。

決定的に違う部分は【塩分と糖分の量】。

それぞれの違いを図にすると以下の通り。

経口補水液は、スポーツドリンクに比べ糖分が少なく、塩分が多くなっています。

逆にスポーツドリンクは経口補水液に比べ糖分が多く、塩分が少なくなっています。

この違いをしっかり覚えておかないと適切な水分補給ができませんので覚えておきましょう。

さて、経口補水液を飲む際は注意が必要です。

というのも経口補水液は塩分を多く含んでいるため飲みすぎると塩分過多になる可能性があります。

※特に塩分摂取に制限等ある方はまずは担当医と相談してから飲むようにしましょう。

スポーツドリンクはクエン酸、ブドウ糖などの糖分を多量に含んでいるので、疲労回復に効果的です。

しかし、市販のスポーツドリンクには多量の糖分が含まれている商品もありますので、こちらも飲み過ぎには注意が必要です。

それぞれ良い部分があるので、練習や試合で効果的に使い分けることでより適切な水分補給ができるようになります。


サッカー選手なら知っておきたい正しい水分補給のタイミング

Photo by Viktor Bystrov on Unsplash

さて、スポーツドリンクや経口補水液について知ったところで次はどのタイミングで飲めば効果的に身体に作用するかお伝えします。

1番重要なことは【少量をこまめに飲むこと

です。

どの飲料水も一気に飲んでも効果はないに等しいです。

先ほども書きましたが逆にパフォーマンスを下げてしまう原因にもなってしまいます。

ですから、まずは【少量をこまめにを意識して水分補給してくださいね。

水をこまめに少しずつ飲むこと=適切な水分補給。

水は試合前、試合中、試合後の全てのタイミングで補給しましょう。

合前の2時間前までにおよそ500mlの水分は補給しておきましょう。

試合中は10分おきに紙コップ一杯程度の水分を補給してください。

喉が渇いたと感じたらすでに一種の脱水症状が始まっています。

喉が乾く前に常に喉を潤しておきましょう。

そうすることで、パフォーマンスを低下させることなく試合終盤も走り切る可能性が高まります。

試合後も水分補給は疲労回復のためにかなり重要です。

試合で失った水分をすぐに補給することで血流が良くなり、疲労物質を排除することにつながるからです。

具体的には体内から失った水分の1.5倍の水分を補給してください。

モアフトの人
モアフトの人

1000ml失ったとすれば1500ml補給しなければいけません。

ここで重要なことはこまめに飲むこと。

6時間ほどかけてゆっくりこまめに補給して下さいね。

水の重要性については以下の記事を読めばさらに理解が深まると思います。

【2022年最新版】適切な水分補給が試合を決める!サッカー選手が知らなければならない水分補給方法を紹介!
未来のサッカー選手の皆さん、そしてプロを目指すすべてのアスリートの皆さん、水分補給正しくできていますか?そして、日常からこまめに水分補給されていますか?実は適切な水分補給はパフォーマンス維持、さらにアップさせ試合終盤になっても走り続けることができるんです。たかが水分補給、されど水分補給。パフォーママンスをあげ試合で活躍するために今一度水分補給を見直してみましょう。この記事では正しい水分補給方法を解説しています。

プロを目指すサッカー選手、そして全アスリートに知っておいて欲しい知識なので是非目を通してください。

スポーツドリンク、経口補水液を水分補給として飲むタイミングは○○!

スポーツドリンクや経口補水液は水のようにたくさん飲む必要はありません。

ですが、たくさん汗をかくスポーツをする時や特に暑い夏には必須の飲料水になるので試合会場になければ必ず持参してください。

モアフトの人
モアフトの人

水だけでは汗で失ったミネラルなどを補給できないので必ずスポーツドリンクや経口補水液で補給しましょう。

先ほども少しお伝えしましたが、スポーツドリンクには2種類ありましたね。

おさらいですが試合前後にはアイソトニック飲料を、試合中にはハイポトニック飲料や経口補水液を飲みましょう。

そうすることで、失った水分、糖分、そしてミネラルなどを効率的に吸収できます。

正しく身体に吸収できれば結果的に暑い夏でも試合終盤まで高いパフォーマンスを維持できるようになります。

夏が苦手という選手は必ずこの水分補給を実践してください。

効果はあなたが思ってるよりも意外と早く現れますよ。

試合中の水分補給にぴったりのオススメドリンクはこれ!

Photo by Andy Hall on Unsplash

それではここから試合中の水分補給にオススメのスポーツドリンクと経口補水液を紹介します。

スポーツドリンクに関してはアイソトニックタイプの飲料とハイポトニックタイプの飲料に分けて紹介します。

サッカーの試合前、試合後の水分補給におすすめのアイソトニック飲料

アイソトニック飲料は試合前後に飲むと効果的な飲料水でしたね。

実は基本的にスーパーやコンビニで売っている様なスポーツドリンクはほとんどがアイソトニック飲料となっています。

その中でも試合中のパフォーマンスを上げる、維持できるオススメの飲料水を紹介します。

先にお伝えしておくとスポーツドリンクを毎試合飲みたい、効率よく使っていきたいという方は1ケースごと束で買ったほうがお得になります。

試合に行く前にコンビニなどでも買えますが、それを続けていると最終的に高くなってしまうので、私が紹介しているような1ケースでまとめ買いのほうが得策と言えます。

また、今までお伝えしてしてきた水分補給は継続することに意味があるので、1日だけ飲んだところでパフォーマンスが上がると言えばそうではありません。

モアフトの人
モアフトの人

そう考えてもまとめ買いのほうが何かとお得かと思います。

スポーツドリンクの定番だが、確かな効き目あり!アクエリアス


 

まずはスポーツをしている方は皆知っているであろうアクエリアスです。

アクエリアスはスポーツ後の疲労回復に役立つクエン酸やアミノ酸を配合しているため、試合前後の水分補給としてオススメです。

水分補給と言えばこれ!アイソトニック飲料の代表格、ポカリスエット!



スポーツドリンクといえばポカリスエットと考える方も多くいるのではないでしょうか。

言わずと知れたポカリスエットは本当に万能でして、スポーツ時以外でも大活躍。

特に風邪をひいたときにはオススメです。

そして、ポカリスエットはスポーツ飲料の中でもかなり甘い方なので特に暑い夏の試合前後にオススメです。

ちなみに【ポカリスエットイオンウォータ―】という商品もありますがそちらはハイポトニック飲料に分類されているのでお間違いなく。

飲んで身体をバリアする。でおなじみ!日本代表も愛用! ボディメンテ



個人的にアイソトニック飲料の中で一番のオススメが大塚製薬が開発した【ボディメンテ】というアイソトニック飲料です。

このボディメンテ、川崎フロンターレの3連覇を支えた家長選手や日本代表で活躍したセレッソ大阪の清武選手も飲んでいます。

お二人とも飲みだしてからかなり調子が良くなり、怪我も少なくなったそうです。

さらに詳しく知りたいという方はこちらのインタビュー記事を読んでみてください。

【スペシャル対談】家長昭博×清武弘嗣 | インタビュー | ボディメンテ公式サイト | 大塚製薬 (otsuka.co.jp)

このボディメンテは、他のスポーツドリンクには含まれていない乳酸菌B240」と「電解質」が配合されています。

乳酸菌B240とは、

大塚製薬の長年にわたる腸と乳酸菌に関する研究から、その働きを確認した植物由来の乳酸菌。
引用元:ボディメンテ公式サイト | 大塚製薬 (otsuka.co.jp)

この乳酸菌B240が体調管理をサポートする際に役立ちます。

常に体調を維持し、毎日を健康に過ごしたい選手、そのご家族の方にもオススメです。

もうひとつボディメンテ関連でオススメしたいのが「ボディメンテゼリー」という商品です。


ボディメンテゼリーは、先ほど述べた「乳酸菌B240」に加えて、さらにBCAA +アルギニン+ホエイプロテインからなる合計10gのタンパク質でできています。

BCAA : 必須アミノ酸3種類の総称。筋肉中のタンパク質分解を防ぎ、運動時にエネルギーになる。
アルギニン: 非必須アミノ酸だが体内で作り出せる量は少量。免疫力をアップし、疲労回復をサポートする。
ホエイプロテイン : 身体への吸収が早く、必須アミノ酸がバランス良く含まれている。筋肉組織の材料になりやすい。

カラダを守り、カラダをつくるコンディショニング栄養食。体調を整える「乳酸菌B240」と、タンパク質が本番に向けたコンディションをサポートします。
引用元:ボディメンテ公式サイト | 大塚製薬 (otsuka.co.jp)

ゼリー飲料なので、ハーフタイムなんかにもサクッと飲めますね!

モアフトの人
モアフトの人

身体を酷使するサッカーにはピッタリの補給飲料の一つです。



試合中の水分補給としてオススメのハイポトニック飲料はこれだ!

ハイポトニック飲料はアイソトニック飲料よりも糖分が少なく、試合中の水分補給に適しているとお伝えしました。

こういうことからアスリートだけではなく糖質を気にする方やダイエット目的でスポーツをする方にもこちらがオススメです。

プロを目指すサッカー選手、その他プロを目指すアスリートの皆さんはアイソトニック飲料とハイポトニック飲料を上手に使い分けてください。

VAAMのハイポトニック飲料なら水分補給+体脂肪をパワーに変換可能!

 

VAAMはハイポトニック飲料として有名な飲料メーカーの一つです。

VAAMは、1日におよそ100km以上も移動するスズメバチの生態に目をつけ研究に着手ました。

その結果、脂肪の代謝に深く関係している17種類のアミノ酸を発見しました。

この17種類のアミノ酸をベースとしたVAAMの商品は試合での適切な水分補給を助けてくれます。

中でもヴァームウォーターはペットボトルタイプですぐに水分補給できるのでオススメだと思いますよ。

他の商品とは違い体脂肪を燃焼させ、その体脂肪をエネルギーとして使える様にするため、プロを目指すアスリートだけでなくダイエットや脂肪を落とすことを目的としている方々にもオススメです。

VAAMに負けない成分を配合!試合中の水分補給にぴったりなアミノバイタル

 

アミノバイタルシリーズはVAAMに負けないぐらい水分補給に適した商品です。

中でもアミノバイタルGOLDは試合中の水分補給にかなり適しています。

アミノバイタルはスポーツ科学に基づいて開発された商品です。

パフォーマンスを維持するために必要なBCAAをはじめとしたアミノ酸をバランスよく配合しており、スポーツ時に失われた水分、アミノ酸を素早く補給できることができます。

BCAAを含んだ初の飲料水、疲労からの素早い回復が期待できるアミノバリュー

 

アミノバリューは日本で初めてBCAAを含んだ機能性表示食品す。

機能性表示食品とは、

・安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補 完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。
消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示 などによる情報提供が行われます。引用元:機能性表示食品について | 消費者庁 (caa.go.jp)h

要するに、科学的な根拠があり安心して摂取して良い食品であれば機能性表示食品と呼べるということですね。

アミノバリューは特に長時間の運動に効果的だと言われています。

マラソン選手の間ではかなりの人気だそうです。

ということは、サッカーも90分間という長い時間のスポーツですから、アミノバリューはサッカー選手にもオススメのスポーツドリンクと言えますね。

アミノバリューは筋肉の調子を整え、パフォーマンスを維持するために必要不可欠なBCAAを含んでいます。

実際にアミノバリューを運動中に飲むことで身体の疲労感をやわらげるといった効果が期待できるそうですよ。

経口補水液は試合中に上手に活用したい特効薬的アイテム!!

さて続いてはオススメの経口補水液を紹介します。

ハイポトニック飲料と似ているのですが、より脱水症状などに対して効果がある飲料水です。

日常生活で定期的に飲む必要はありませんが、猛暑日などは試合に持って行けば、軽度から中度の脱水症になった際もすぐに対処できます。

オススメの経口補水液ならこれのみ!OS-1

 

オーエスワン(OS-1)シリーズは、世界保健機関(WHO)の提唱する経口補水療法の考え方に基づいた飲料で、 その組成は経口補水療法を発展させた米国小児科学会の指針に基づいています。           引用元:経口補水液 オーエスワン(OS-1) | 大塚製薬工場 (otsukakj.jp)

オーエスワンシリーズはWHOが提唱する食事療法の考えを取り入れた飲料水になっています。

公的機関も提唱している考えを形にした飲用水なので安心して飲めますね。

元々は、脱水症の悪化防止・回復、脱水症の回復後の電解質、水分補給として開発された商品です。

サッカーをしてると熱中症や脱水症になった経験がある人も多いんではないでしょうか。

私もなぜか夏場はよくなってしまうのですが、OS-1の様な経口補水液を飲んだ時と飲まなかった時では回復の速さが違うと感じました。

猛暑の日は、自分が思っている以上に汗をかいて水分を消耗しています。

 

モアフトの人
モアフトの人

水のみの水分補給では吸収が追いつかない場合も。

 

そんな時にOS-1を飲めば素早い水分補給が可能になります。

OS-1にはゼリータイプもありますので、サッカーのハーフタイムにサクッと飲めば後半も高いパフォーマンスを維持できるようになります。

暑い夏場にお子さんの試合がいっぱいあるという保護者の方、試合観戦に行かれるなら是非持参していってほしいと思います。

試合観戦に行かないという場合でもお子さんにはこOS-1を持たしてあげてください。そうすることで万が一お子さんが熱中症になったとしても素早く対応できます。


今回の記事のまとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事のポイントをおさらいしましょう。

・水はこまめに少量ずつ飲むこと
・試合前後はアイソトニック飲料、試合中はハイポトニック飲料
・猛暑日などは経口補水液て素早く水分補給が効果的

水分補給と一口に言っても飲むものが変わるだけで身体への作用も変わってきます。

いつ、何を、どのくらい飲むか、個々人によっていくらか差はあると思いますが、今回お伝えしてきたような水分補給の方法を実践していただければ、パフォーマンスは確実に上がっていくでしょう。

今まで水分補給の方法なんて気にしていなかった選手の皆さん、おめでとうございます。

この知識を知ったことであなたたちのパフォーマンスはさらに上がり試合で活躍する可能性が高まりました。

神は細部に宿るとよく言いますが、私が見てきたプロになった選手は皆細部を突き詰めていました。

そこがアマチュアとプロの違いなのかなと今感じています。

プロサッカー選手、その他プロのアスリートを目指す方々に今回の記事を読んでいただけたのであれば嬉しい限りです。

適切な水分補給で試合終盤でもパフォーマンスを維持し、プロのスカウトにどんどんアピールしていきましょう。

【参考サイト】
【薬剤師が解説】おすすめのスポーツドリンク10選【2021年】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 (kusurinomadoguchi.com)

スポーツドリンク各メーカーのホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました